カードローン返せない 過払い金

過払い金請求とは何?

ちょっと前まで頻繁に「過払い金の返還請求」について、弁護士や司法書士のテレビコマーシャルを見かけましたね。
この過払い金の問題、どこに問題があったのでしょう?

 

日本では貸金業者が利息の根拠として使用していたものが2種類存在していました。
一つは出資法、もう一つが利息制限法です。

 

この2つの法律では利息の上限が異なり、出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%でした。
ここに大きな問題があったのです。

 

出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では、9.2〜14.2%の差があります。
貸す方は大きな利益が見込める出資法の29.2%で貸したいですよね。
それがサラ金などの街の金融業者だったのです。

 

出資法と利息制限法の差をグレーゾーンと呼び、利息制限法には違反するけれど出資法では違反していないというおかしな状況だったのです。

 

しかし平成18年にこの矛盾を解消し、グレーゾーンを撤廃することが最高裁で決められました。
そして過去に払いすぎた金利を債務者に返還するように言い渡されたのが、過払い金請求なのです。

 

過払い金請求には時効があり、 最後に取引をした日から10年経過してしまうと過払い金返還請求が難しくなるのです。
だから一時期よりもコマーシャルが大幅に減ってしまったわけです。

 

トップページ > カードローン返せないとわかったときにすぐにするべきこと