借金 相続

借金の相続

堅実に生きていても思いがけないことで借金を負うことがあります。

 

例えば親が残した借金は、子供が相続するということです。

 

遺産というのは、亡くなった方が残したすべての財産を意味し、現金や預金、不動産や借家権、借地権、貸付債権のほかに、車や貴金属、美術品などがあります。
これらだけであれば「資産」と言えるのですが、残念ながら「借金」も相続するのです。

 

実は本人が亡くなってから借金が発覚するケースも少なくありません。
借金の話は隠していることが多いですから。

 

借金や他人の債権の保証人などは「負債」と呼ばれるもので、出来れば相続したくありませんね。
しかし残念ながら、「負債」だけを放棄して「資産」だけを相続することはできないのです。

 

もし資産と負債を相殺したときに、負債の方が大きいのであれば相続を放棄したほうが良いです。返せるアテがないなら、放棄しましょう。

 

親の借金なんだから子供が払うのは当たり前だと、脅してくる業者もいるかもしれません。
それは無知を利用されているだけです。

 

しかし、のんびりしている時間はありません。

 

相続放棄は、相続開始から3ヶ月以内に家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。
相続人の死亡を知ったときから3ヶ月間何もしなければ、単純承認したとみなされて、財産も借金も相続してしまいます。

 

トップページ > カードローン返せないとわかったときにすぐにするべきこと