弁護士 費用 作り方

弁護士や司法書士に払う費用の作り方

弁護士に借金の相談をしたいと思っても、月々の返済で精一杯で弁護士に支払うお金までは用意できないと諦めている人も多いのではないでしょうか?

 

ご心配無用です。

 

弁護士や司法書士に借金の相談をして手続きを依頼すると、「受任通知」を作成してくれます。
この受任通知をあなたがお金を借りた金融業者(債権者)に送ると、借金の取り立てが一時的ではありますがすぐにストップします。

 

受任通知は、「借金の返済計画に弁護士や司法書士が介入ました。これからどういう風に手続をするか決めますので、借金の返済はしばらくお待ち下さい。」というお知らせなのです。金融業者はこれを無視できません。

 

この返済がストップしている間に、弁護士や司法書士に支払うべきお金を貯めましょう。
支払いがしばらくなくなり、借金の減額も目指すわけですから弁護士費用が支払えないことはないはずです。

 

このほかにも法律扶助制度(ほうりつふじょせいど)があります。経済的な理由で弁護士や司法書士に依頼する費用がない人に、国などの公的機関がその費用を給付もしくは立替をする制度です。

 

ですから借金でお困りの際は、弁護士に支払う費用の心配をするよりも早く相談してしまいましょう。

 

トップページ > カードローン返せないとわかったときにすぐにするべきこと