受任通知

受任通知とは

借金を返済していると、だんだんと心がすり減ってきます。
しかし返済をやめてしまうと、だんだんと借金の残金と金利が溜まってきますね。

 

借金を滞納すると債権者から借金返済の催促をするハガキや封書が届き、やがて家に電話がかかってきます。
それでも返済しないでいると最終的には家に来て取り立てが行われます。

 

債権者も仕事なのでこの流れは仕方がありません。
ですが借金を返済したくてもできなくなった時、催促の電話や取り立ては精神的に辛いものです。

 

しかし弁護士と契約すれば速やかに催促が止まります。
なぜなら契約とともに債権者に受任通知が送付されるからです。

 

受任通知は借金返済の窓口が弁護士に移ったことを示すもので、これにより債権者が債務者に直接連絡することが出来なくなります。

 

借金の返済が一時的にストップしますから、この間に出来るだけ貯金をしましょう。
借金の返済だけでなく弁護士費用の足しになるので、受任通知が有効であるうちに計画的に貯金してくださいね。

トップページ > カードローン返せないとわかったときにすぐにするべきこと